できるかな?毛皮を自分でリメイクしてみようみんなの憧れ、リンクスの毛皮の魅力について
服を購入するならやはり毛皮を使った物を選びましょう
スタイルもさまざまなメンズの毛皮ロングコート洗ってフワフワ、毛皮の手入れの新常識!?
毛皮の生地の特性を知らないとブーツについている毛皮はなんなの?
良い毛皮製品を購入するために知りたいこと
毛皮の縫い方やその特徴について知っておいてほしい
毛皮はなんとしても低価格で購入したいですよね?
できるかな?毛皮を自分でリメイクしてみよう
毛皮は長く着用できることからお母さんやおばあちゃんから受け継いだものがあるという人もいるのではないでしょうか。しかし、デザインは古くてとても使えないという場合には、毛皮を生かして自分でリメイクしてみるのも良いでしょう。 毛皮は、縦糸と横糸が織ってある洋服の布地と違って布端の処理にロックミシンを使うこともないので、初心者でもじつは自分で簡単にリメイクが可能です。カットしたい大きさに3ミリ程度の縫い代を付けますが、ハサミで切ってしまうと表の毛皮も一緒にカットしてしまうので裏側からカッターで毛を切らないようにして浮かせるように刃を入れていきます。あとは手縫いで巻縫いをするだけです。巻縫いとは、二枚の皮の毛の面を合わせて手前から向こう側に縫い進めることで、間隔を狭くすれば皮がちぎれてしまう可能性があるので3ミリ程度の間隔で荒く縫って構いません。皮は普通の針では刺さりにくいので、針先が刃のようになっているので切るようにして縫い進めます。 ミシンが無くても手縫いなら初心者でも簡単にできるので、自分でリメイクしてオリジナルグッズを作ってみてはいかがでしょうか。

買取福ちゃんは毛皮買取の専門業者ですhttp://www.fuku-chan.info/kegawa/